宿泊施設向けWEBマーケティング

hichotel

旅館・ホテルの自社サイトで集客をするポイント

1.ベストレート保障などで、自社サイトが一番お得なプランを提供。

旅館やホテルにおいて宿泊プランが同じものはネット上に多く存在します。
予約サイトで同じプランが出ていたり、自社より安いプランが出ることもあります。更に他社サイトから手数料を引かれます。
それよりも出来る限り自社のホームページからご宿泊を頂けた方が、以下のようにメリットが高まります。

・削減した経費をお客様にサービスとして還元できる
・ポイントサービスなどでリピーターの向上につなげられる
・お得な認識を高められる

2.予約フォーム・料金が使いやすく、わかりやすい

使いやすい予約フォームの導入が必要です。
旅慣れている方なら問題ないでしょうが、年に数回しか旅行をしないという方が多いと思うんです。その時に色々難しいのはそれだけで嫌になっちゃって「電話した方が早い!不便だ!」ってなってしまいます。

3.周辺の観光情報や地域情報を詳しく

施設周辺近くだけでなく、1駅2駅先からもお客様はホテルを探しています。
駅名・地名で検索だけでなく、スポット名やイベント名で検索されることも多くあります。
より詳しく掲載することで親切です。

4.ホームページでしか掲載できない情報も魅力です。

ホームページは予約サイトや口コミサイトとは違い、自社だけのオリジナルページです。
動画で道案内やスタッフの挨拶を掲載したり、求人(採用)情報なども掲載可能です。
また、施設と併設している飲食店や雑貨店、姉妹店・・など御社の施設の完全オリジナルのサイトにして
御社の強みや売りをもっともっとアピールしましょう。

5.Q&Aをしっかりと活用

よくある問い合わせと答えは、見て頂いているお客様が不安を抱いているのだけれど、「電話で聞いたりするのもなんだし…。」という方の不安を解決する事が出来ます。
ネットで検索している方は「電話はしたくない」「電話が出来ない状態にある」か「とてもシャイ」のどれかです。そんな方の不安を解決するのがQ&Aです。

6.ソーシャルメディアとの連携を活用

FACEBOOK、TWITTER、YOUTUBE、インスタグラムなど
近年のSNSの強みはファンを増やせること、シェアで情報が拡散されることです。
活用していても、うまく連動されていなければ誰も見ていない発信になりかねません。
しっかり連携して、効率よくアップしましょう。